グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  会社設立の想い

会社設立の想い


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ内目次


代表者挨拶

新しい病理検査システムを構築し、
医療機関の迅速かつ正確な診断に貢献します
株式会社パソネットは、近年急速に発展したITやネットワーク技術を医療の分野で活用し、デジタル化された病理組織の画像を病理専門医がスピーディに検査を行う「迅速病理検査」を実現するために誕生しました。検査結果を従来よりも早く報告することで、素早く病気に対処することができ、患者様が不安に思って過ごす時間を短縮して差し上げることができます。
また、病理組織の鮮明な画像とともに報告される検査結果の解りやすさは、従来の病理検査とは次元の違うものです。

さらに、インターネットの環境があれば、病理専門医不在の国や地域でも、最高レベルの診断を受けられる可能性があり、より多くの患者様を救うことにもつながります。

一方、このシステムは病理医の先生に対しても、見やすく大きなディスプレイによって、従来よりも快適な検査環境を提供することができます。
当社は、病理専門医の職場をより魅力的なものにすることで、深刻な不足が懸念される病理医の先生をサポートし、この分野に進むドクターが増える一助になりたいと考えています。

私たちは、患者様、主治医の先生、病理の先生の三者が、安心とやりがいを感じて頂けるように頑張ってまいります。

どうぞご支援のほどをよろしくお願いいたします。

代表取締役社長 田村 忠司

経歴

1965年 富山県に生まれる
1988年 東京大学工学部産業機械工学科卒業
株式会社リクルート入社
1998年 「日本老化制御研究所」擁する日研フード株式会社(静岡県袋井市)に入社
2005年 日研フード株式会社 取締役経営企画室長就任
スリーエイチライフ株式会社 代表取締役社長就任
2006年 株式会社ヘルシーパスを設立 代表取締役社長就任
2012年 株式会社パソネットを設立 代表取締役社長就任

経営理念

  • 検体採取から病理検査報告に至る期間を短縮する新しい病理検査システムを構築し、医療機関に安心かつ丁寧な医療を提供する。
  • 様々な医療データをデジタル化し、最新のメディアインフラを駆使して、医療機関の迅速かつ正確な診断に貢献する。
  • 開発したビジネスモデルを日本及び世界に展開し、世界の医療の発展に寄与する。