グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  News&Topics >  「デジタルパソロジーで変わる内視鏡検査の世界」セミナー動画を公開しました

「デジタルパソロジーで変わる内視鏡検査の世界」セミナー動画を公開しました


このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年9月2日及び3日に京都府京都市にある国立京都国際会館で行われた、
第99回日本消化器内視鏡学会総会にブースを出展させていただきました。

また、9月2日(水)には春間 賢 先生によるセミナー

「デジタルパソロジーで変わる内視鏡検査の世界 さらに増加している上部消化管の疾患」

を開催致しました。

司会:尾立 磨琴 先生(香川県済生会病院 副院長 消化器内科・内視鏡内科)
演者:春間 賢 先生(川崎医科大学・川崎医療福祉大学 特任教授) (一般財団法人 淳風会 理事、医療診療セクター)


春間先生の講演動画を掲載しましたので、ぜひご覧ください。

下記の上部消化管疾患もまとめて紹介いただきました。

  1. 好酸球性消化管障害
  2. 食物アレルギー
  3. バレット腺癌
  4. 咽喉頭癌
  5. 食道癌
  6. 除菌後胃癌
  7. ピロリ陰性癌
  8. PPI関連胃病変
  9. 薬剤による粘膜障害
  10. 十二指腸腫瘍
  11. 自己免疫性胃炎
  12. 胃NET

  13. ご質問・お問い合わせは下記メールアドレスまで送付下さい。
    春間先生へのご質問も対応させていただきます。
    pathonet@io.ocn.ne.jp

    (注)日本病理学会では”デジタルパソロジー” をデジタル病理画像を活用して遠隔病理診断を行うことと定義していますが、
    本セミナーでは広い範囲を網羅する用語、すなわち”デジタルを使用する病理検査”としてこの言葉を使用しています。